おすすめ PICK UP!

2022年9月より富裕層、投資家など向けの最長10年の長期滞在ビザ(LTR VISA)の発給を開始

2022年9月より海外の富裕層や投資家、高度専門職人をタイに呼び込むために長期滞在者ビザ(Long-Term Resident VISA)の発給が開始されました。このLTRビザの保有者は、最大で10年間(有効期間5年、延長で最長5年可能)のタイ国内居住が可能となる。また、出入国の際、空港でファストトラックを利用でき、90日レポートや出国時の再入国許可が不要となります。
また、ビザ保持者1名に対して、家族4人までがビザ取得可能。労働許可も付与されるなどの待遇が得られます。

LTRビザの対象となる外国人は以下の4つのカテゴリーに分類され、それぞれ以下の条件を満たす必要があります。

①富裕層

  • 純資産額:100万ドル相当以上
  • 個人所得:直近2年で年間8万ドル以上
  • タイの国債、企業などへの投資、不動産への投資額:50万ドル以上

②裕福な年金受給者

  • 50歳以上で定期的な年金収入受け取りあり
  • 個人所得:年間8万ドル以上。もしくは年間4万ドル以上8万ドル未満で、タイの国債、企業などへの投資、不動産投資額が25万ドル以上

③国際的リモートワーカー (ノマド)

  • 海外に拠点を置く上場企業の業務委託者
  • 個人所得:直近2年で年間8万ドル以上
    修士号以上の学位取得者、知的財産の所有者、シリーズA資金の調達者のいずれか

④高度専門職従事者

  • 個人所得:直近2年で年間8万ドル以上。もしくは4万ドル以上8万ドル未満で、科学技術分野の修士号以上の学位、またはタイでの職務に関連して高度な専門知識を有する者
  • ロボットやバイオなどタイの今後注力したい産業に従事、またはタイ政府機関、タイ国内の高等教育機関、研究機関、専門教育機関のいずれかに勤務(ただし、タイ政府機関、タイ国営組織に勤務する場合は所得条件なし)

LTRビザの申請はオンラインでもできるようで、申請料は220,000円。
詳細についてはタイ投資委員会(BOI)ホームページの資料をご参照下さい。

チェンマイで取得する通常のロングステイビザのご相談は当方まで

タイ以外にも、東南アジアの国々ではこうした富裕層やノマドワーカーを誘致するための特別ビザが数多く存在します。
しかしながら、経済的な面でハードルが高く、条件に合わない場合が多いのが実情です。
当方では、皆様の身になって等身大の条件で、チェンマイで長期滞在を実現するお手伝いを行っております。具体的には、以下のような方々のニーズにお答えしております。

  • マレーシアでロングステイをしていたが、条件が厳しくなり断念。でも海外ロングステイは続けたい。
  • タイでロングステイをしたいが、バンコクやパタヤには何となく馴染めない気がする方。
  • 日本の厳しい気候条件(寒い冬・暑い夏)に体調面での懸念が強く、年中温暖な気候条件かつ安全に海外で過ごしたい。
  • まだ60代~70代はじめで元気で海外でゴルフなどもしたい。長期的に考えて介護を受ける必要が出てきた場合でも対応できる地域に暮らしたい。

どうぞご気軽にお問い合わせください!

チェンマイ暮らしを安心サポート

関連記事

関連記事

  1. 海外生活でのオンライン健康相談サービス”YOKUMIRU(ヨクミル)”をやっ…

  2. チェンマイライフを語りタイ | チェンマイを拠点に活躍するIT社長・市川俊介さん(前編)

  3. 【ご注意】タイのPayPalが利用できなくなります

  4. タイ入国(Thailand Pass)・現地でのOビザ申請・OAビザ用保険などの無料相談受付中!

  5. 1バーツ=3.8円を突破!どこまで進むバーツ高

  6. タイのPayPalアカウントを維持するなら、デジタルID (NDID)の登録が必要です。

  7. 海外生活だからこそ整理をおすすめします! | デジタル遺品とは?

  8. タイ・チェンマイに戻ってきて直面する携帯電話問題

  9. チェンマイライフを語りタイ | チェンマイを拠点に活躍するIT社長・市川俊介さん(後編)

PAGE TOP