おすすめ PICK UP!

日本入国をスムーズに。「ファストトラック」を知ってますか?

ついに72時間前のPCR検査が不要になります!

*ファストトラックについての重要なお知らせ (2022/8/25追記)​
2022年9月7日 0時(日本時間)から適用の制度変更に伴い、MySOS WebまたはMySOS アプリでの検疫手続事前登録の際には、「ワクチン接種証明書」または「出国前72時間以内の検査証明書」のいずれかが審査完了になると、画面が緑色または青色に変わるようになります。

実際にチェンマイから帰国された方から画像提供いただきました

<9月6日~7日(日本時間)のシステム切替のタイミングで審査中の方へ>​
システム切り替え前のタイミングで、ワクチン接種証明書の審査が完了して黄色画面となっている場合は、​「出国前72時間以内の検査証明書」の審査中または差戻の状態でも、システム切替後には「審査完了」になり、画面の色が緑色または青色になります。​

この反映は、入国予定日の近い方から順に行われますので、黄色の画面から緑色または青色の画面に切り替わるまでに時間を要する場合がありますが(最大2日程度)、入国までには完了致しますので安心してお待ちください。​

詳しくはこちら[厚生労働省・入国者健康確認センターHP]

2022年4月27日以降、これまでは「日本到着予定時刻の16時間前」までに事前審査の申請を行っていただく必要がありましたが、事前審査の締め切り時間が「日本到着予定時刻の6時間前」に短縮となりました。
タイからの場合、飛行機搭乗前に申請すれば間に合いそうですね。

日本入国時に空港検疫で実施している手続きの一部を、入国者健康居所確認アプリ「MySOS」を通じ、日本入国前に済ませることでよりスムーズな入国ができるのが、「ファストトラック」です。

ファストトラックを利用しなくてもいいのですが、「出国前72時間以内の検査証明書、個人誓約書、ワクチン接種証明書等の書類」の確認を到着時の空港で受けることになるので、早く帰りたいと思う方であれば、あらかじめファストトラックを行なっておいた方が良いでしょう。(日本時間 2022/9/7 以前の入国の場合)

どの空港がファストトラックに対応しているか

現在以下の国際空港が対応しております。タイからの移動であれば基本対応していると考えて良いでしょう。

  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港
  • 福岡空港

いつまでに申請手続きをする必要があるか

搭乗便到着予定日時の6時間前16時間前までにアプリ上での事前登録を完了させる必要があるので、出発直前に慌ててすることなくゆとりをもって行うように気をつけましょう。

My SOSのインストールから申請まで

アプリのインストール

アプリの入手はこちら[ファストトラック専用リンク]

またはスマホでファストトラック専用QRコードを読み取ってください。

※注意※アプリを直接アプリストアからインストールすると、ファストトラックの設定ができませんので、必ずこのリンクまたはQRコードからアプリを入手してください。
(アプリを一旦削除して再インストールする場合も同じです)

(2022年7月24日追記)

【MY SOSアプリ】をアプリストアからインストールした場合でも、検疫手続事前登録から設定が出来たというユーザーからのご報告がありました。仕様の改善がされた可能性があります。

【アプリの設定】

以下、iPhoneの例です。写真をタップすると拡大しますので、それを参考に順番に操作をしてください。

アプリの設定作業はなかなか時間がかかります。根気よく行ってください。


「日本入国前に検疫手続きの一部をアプリで行うことが可能です。こちらの機能を利用しますか。」というメッセージが表示されたら「はい」を選択してください。

検疫手続き機能
検疫手続き機能を利用する場合「はい」

MySOSアプリから必要書類を登録

MySOSアプリの「検疫手続事前登録」ボタンをタップしてください。
アプリの指示に従って、質問票・誓約書・ワクチン接種証明書(「有・無」を選択)・出国前72時間以内の検査証明書を登録してください。

審査

センターでの登録内容の確認が完了するとアプリ画面が緑に変わります。
*搭乗便到着予定日時の16時間前までに申請していれば、入国までに審査完了します。
*72時間前までの検査証明書を事前登録しない場合は、アプリ画面は黄色となり、到着空港で検査結果を提示することになります。
*申請内容に不備がある場合、赤色になります。再登録してください。

子供と一緒にファストトラックを申請できる?

ご利用いただけます。
12歳以下(入国時点)の同行者がいる場合は、アプリのインストール時に「同行者の登録」で氏名等を登録することで、保護者等と一緒にファストトラックのための登録ができるようになります。
13歳以上(入国時点)の場合は、同行者登録ができませんので、自身でスマホを持ち、アプリ上での登録を行う必要があります。

ブースター接種が未完了の場合申請できる?

1回または2回しか接種しておらず、有効なワクチンによる3回接種をしていない場合には、ワクチン証明書は「無」で登録してください。

この「MySOS」アプリは他にもいろいろな機能があります。詳しくはアプリ説明ページをご覧ください。
https://mysosp.page.link/sfY2kRrviv4t4eFy7

MySOSがうまく登録できない!その原因と対策

  • 古いスマホ(特にAndroid端末)ではMySOSアプリ自体がインストールできない場合があります。
  • ワクチン接種証明書は冊子の場合、スキャンするなどして1つの写真にまとめてからアップロードする必要があります。
  • PCR検査などPDFファイルはアップロードはできないので、スクリーンショットを撮るなどして画像ファイルに変換する必要があります。
  • 厚生労働省のサイトが不安定で、スマホから写真のアップロードができず固まってしまうことがあります。
  • PCR検査は出発前72時間以内に必要。出発前日の朝検査だと結果が出るのは夕方。MySOSの登録作業をする場合はできるだけ余裕を持って2日前までに結果が出た方が良いと思います。
  • いざという時にアプリのダウンロードに手間取ったりするので、Apple ID、GoogleアカウントなどのIDの管理は日頃から行っておきましょう。
  • Androidスマホはメーカーによって基本OSがカスタマイズされていて、日本のサイト・サービスに完全には対応できていない可能性があります。
  • iPhoneはOSの基本設計は変わらず、単価は高いですが製品ライフが長いです。また日本では普及率ナンバーワン。各種サイト・サービスにも間違いなく対応しています。タイで売られているiPhoneはSIMフリーで日本でも使えるので安心です。
  • MySOSのファストトラック申請のやり方は難しく、50代以上のデジタル機器にあまり縁のない方々にはとてもハードルが高いと思います。

スマホが苦手な方はサポートいたします(チェンマイのみ)

いかがでしたか?少し見ただけでも複雑で難しいと思われる方も多いと思います。
チェンマイ在住者の方には、対面での申請サポートも行っております。
出国間際になって困らないように、まずはご気軽にお問い合せください。

お客様から、喜びの声をいただきました

出発前日の夕方にPCR検査結果が入手でき、出発当日にお願いしました。
古いスマホが使えなかったりといろいろと問題がありましたが、
お陰様で何のトラブルもなく順調に日本の空港を出ることが出来ました。
あらゆる手段を駆使して奮闘して下さったお陰です。
本当に有難うございました。
(70代・チェンマイ在住ロングステイヤーご夫妻)

関連記事

  1. 6月1日よりタイランドパスがさらに簡単に!(6/4最新情報更新)

  2. 2022年2月6日(日)タイ・チェンマイ県の新型コロナ感染状況

  3. 2022年2月16日(水)タイ・チェンマイ県の新型コロナ感染状況

  4. 2022年2月9日(水)タイ・チェンマイ県の新型コロナ感染状況

  5. [タイ入国]出発72時間以内のPCR検査不要となるか?

  6. Q&A「タイ入国時のPCR検査後に渡されるATKキットの検査報告義務はありますか?」

  7. 2022年2月15日(火)タイ・チェンマイ県の新型コロナ感染状況

  8. 2022年2月20日(日)タイ・チェンマイ県の新型コロナ感染状況

  9. 5月にさらに入国緩和?入国時検査がPCR検査からATKへ簡略化される

PAGE TOP