おすすめ PICK UP!

タクシン元首相(チェンマイ県出身)が年内のタイ帰国に言及 「タイ国民への贈り物」

1月4日火曜日、タクシン元首相は「CareTalk x Care ClubHouse」内にて、2022年中に外国生活に終止符を打ってタイに戻るつもりであると明らかにした。この帰国について元首相は、「タイ国民への贈り物」と述べている。
タクシン元首相は2006年以来、事実上の亡命生活を続けている。

【タクシン元首相略歴】

本名:タクシン・チナワット
1946年7月26日チェンマイ県の華僑系の名門チナワット家に出生。
1986年 携帯電話キャリア「AIS」を立ち上げ。
1994年 パランタム党に入党
1998年 タイ愛国党を立ち上げ。
2001年 タイ王国第31代首相に任命。
2006年 4月首相退任。
同年   9月政治クーデター勃発、海外生活へ

【タイ北部・チェンマイへの影響】


チェンマイ県は言わずと知れたタクシン元首相の出身県で、地元では未だに絶大な人気と影響力を持っている。
現在の軍事政権やコロナ禍で観光産業が疲弊したタイ北部の住民らの後押しを得て政治的な活動を再開することが予想される。
ただ、過去にはいわゆる赤と黄(赤がタクシン派、黄が中央政権派)の勢力争いによる首都圏の混乱の記憶もまだ新しく、全国的な支持を集めるかどうかは未知数である。

PAGE TOP