おすすめ PICK UP!

【速報】本日4月1日からタイ入国前のPCR検査が不要に!

チェンマイに戻りたくても戻れなかった日本人の皆様に朗報です!

「タイランドパス」の運用方針が本日2022年4月1日から変更されました(タイ王国政府官報に[告知原文(タイ語)]が掲載)。
タイ入国前に行うRT-PCR検査での陰性証明の提示は不要となり、これまでよりもずっとタイ入国がしやすくなりました!

【タイ入国の手続きへのステップ】

隔離免除入国(Test and Go)の「Thailand Pass」システムを通じた受付は継続されます。
タイ入国前のPCR検査が不要になりましたが、他はどうでしょう?どうすればタイに入国できるでしょう?

①まずはパスポートの確認をお忘れなく!

Thailand Pass申請や渡航用のワクチン接種証明書取得にはパスポート情報が必要です。持っていない方はまずは取得。持っている方も有効期限が切れていないかをチェックしてください。残存期間は6ヶ月以上必要です。
しばらく海外に出ていない方がほとんどだと思いますので、ご注意ください!

②フライトの予約を行う

タイ到着日にホテルにて24時間体制でPCR検査は受けられます。日本からのフライトはタイ時間0時以降に到着する便はほぼ無いですが、PCR検査の結果が出るにはおよそ半日かかりますので、チェンマイなど他の地方に国内線で移動する場合は翌日午後ゆっくりめのフライトにする必要があります。
日本からタイへの直行便を運航する日系航空会社(JAL、ANA)は、日本での飛行機搭乗時に、陰性証明書の提示は不要としています。タイ入国前のRT-PCR検査による陰性証明書は不要となります。
(注)ただし、各航空会社の搭乗条件によっては、陰性証明書の提示が求められることもあり得ますので、念のためご利用の航空会社に予めご確認下さい。

※日本からチェンマイ直通のフライトはなく、バンコクで一泊して入国する方法が一般的です。
PCR検査は翌日午前中までかかるので、バンコクからチェンマイへのフライトは、到着2日目の夕方ごろの時間帯がベストです。

③ホテルの予約を行う(諸条件あり)

初日の宿泊施設の事前予約が必須。これもタイランドパス登録時には必要な情報となります。
宿泊施設はタイ政府が認定するSHAエクストラプラス(SHA Extra +)またはAQホテルで尚且つPCR検査1回、ATK(抗原検査キット)1回、空港送迎の料金が含まれている必要があります。

※チェンマイ行きの方は、PCR検査が出てからしか動けないので、空港とのアクセスが良いホテルがオススメです。
※なお、宿泊施設はタイ当局が定める防疫基準に則し、医療機関と提携のある施設に限られるため、自宅での滞在は認められません。

ワクチン接種証明書を取得する

タイ入国の14日前までにワクチン接種を規定回数接種している必要があります。
日本で接種した場合は政府が提供する新型コロナワクチン接種証明書アプリでオンライン取得が可能です。
(デジタル庁によるアプリの案内は→こちら
※ワクチン接種証明書がない場合、入国後5日間の隔離が必要です(政府指定のホテルで複数回PCR検査を受ける)。

⑤医療保険に加入する

滞在予定期間をカバーする、新型コロナウイルス(COVID19)治療費等を含む2万USドル以上の治療保障額の医療保険(英文)の確認書の提示が必要です。


※15歳〜99歳の高齢者まで一律価格で加入できる格安保険もあります。詳しくはお問い合わせください。

【日本からチェンマイに来る場合】

バンコク到着1日目。ホテルに到着しチェックインすると、PCR検査を案内されます。成人は必ず鼻腔からサンプルをとるRT-PCR検査となります。ただし、保護者同伴の6歳未満の児童については唾液を用いたPCR検査でもOKです。ホテルは24時間体制で受付できるところがほとんどです。
検査結果の判明まで、当該宿泊施設ないし隔離施設内で待機します(外出は不可)。これまでの実績からいうと、翌日の午前中には結果が判明します。

到着1日目のRT-PCR検査により陰性が証明された場合、施設外に出てタイ国内での行動が可能になります。
到着2日目の午後のフライトでチェンマイに向かいます。
もしRT-PCR検査で陽性が判明した場合は、ホテルが提携している医療機関の判断に従ってください。

到着1日目に滞在した宿泊施設ないし隔離施設から抗原検査キット(ATK)を受け取ります。入国後5日目に自己検査を実施し、当局が指定する方法(Mor Chanaアプリ等)でタイ保健当局に報告します(義務ではなく任意です)。

チェンマイに来てからOビザ(ロングステイ)取得も可能

チェンマイでロングステイをしたい方は、わざわざ日本でOAビザを取得してくる必要はありません。
ノービザ入国をして、チェンマイ現地でOビザ取得が可能です。
当サイトから信頼できるエージェントを通じて代行が可能です。
諸条件はありますので、詳しくはお問い合わせください。

不明な点があれば迷わずお問い合わせください

PCR検査が不要となり、タイ入国へのハードルはさらに下がりました。それでも英語サイトでのThailand Pass申請、それに必要なホテル予約や保険加入など、一人でやるのはまだまだ大変・・・
私たち「チェンマイ情報ステーション」スタッフは、そうした皆様のお手伝いをいたします。

関連記事

  1. 2022年2月19日(土)タイ・チェンマイ県の新型コロナ感染状況

  2. 2022年2月15日(火)タイ・チェンマイ県の新型コロナ感染状況

  3. ATK簡易検査キットの使い方

  4. これを見れば、タイランドパスの申請も完璧!タイ観光庁が日本語説明動画を公開。

  5. Q&A「タイ入国時のPCR検査後に渡されるATKキットの検査報告義務はありますか?」

  6. 11月1日より日本からタイに隔離期間なしで入国可能に!

  7. 2022年2月7日(日)タイ・チェンマイ県の新型コロナ感染状況

  8. どうする?保険問題〜ロングステイ(O-A)ビザ申請の条件が厳格に。300万バーツ以上の保証医療保険加…

  9. 「オリエンタル・マンゴー」チェンマイでも受付中!

PAGE TOP